外為速報

    外為速報

外為速報 | FXニュースの最新情報

FXの手法とは

FXの取引手法とは売買するときのルール

FXで安定に利益を残していくためには、売買するときのルールを自分で創っていくことが不可欠です。予めルールを決めておきその通りに取引を行うことで再現性が高くなり、勝率が高くなります。逆にダメなやり方の例としては感情的になってしまって「負けてしまったから次で取り返そう」などと考えて、ルールを無視した取引をしてしまうことです。トレーダーの仕事というのは稼ぐことではありません。ルールをどれくらい正確に守れるか?を徹底することがトレーダーの仕事です。そのくらい割り切ったほうがルールを守った取引ができるでしょう。

海外FXボーナス | 新規口座開設するトレーダーにキャンペーンを実施!

FXで売買する方法は2種類

順張り

FXには大きく相場が変動する現象が起こることがあります。これをトレンドと言います。順張りとはトレンドに沿った方向のエントリーを行うやり方で、大きく利益が伸びる推進波を狙うやり方とも言います。上昇トレンド、つまり上向きのトレンドが発生していれば、「買い」注文を入れることが順張りとなります。順張りでは大きく値が動き取引の成功率は高くなります。何故かというとトレンドでは多くのトレーダーが流れに参加しやすくなるからです。

逆張り

逆張りは、トレンドの動きの逆を狙ったエントリーとなります。どういうことかというと、トレンドと言えど一直線に上がり続けるのではなくて、弧を描くように相場を行ったり来たりしながら上がっていくのです。上昇トレンドで説明すると、一度上がれば、一度下がり、そこで勢いをつけてまた上がる。これを繰り返していきます。逆張りというのは、上がった後の下がる動きを狙ってエントリーするというもので、順張りより通常利益は少なくなることが多いですが、トレンドの性質に沿ったエントリーであることは間違いがなく取引の成功率は高いです。

FXの取引スタイルは4つ

スキャルピング

スキャルピングとは、数秒とか数分という短期間で取引を連続で完了させていく超短期の取引スタイルです。取引に張り付いてトレードを行っていくため、集中力と冷静さが必要となります。うまくいけば大きく稼げる取引スタイルですが、下手をすると感情的になってしまって一気に資産をなくす可能性もある取引スタイルです。極度に疲労するため初心者の方にはおすすめできない取引スタイルとなっています。注意点としては、スキャルピングを禁止している証券会社は多く、出金停止または口座凍結の可能性があるため、取引を行う会社がスキャルピングを禁止してないかどうか事前の確認が必要となります。

デイトレード

デイトレードとは最も初心者向きの取引スタイルで、1日から数日かけてポジションを保有する取引スタイルです。ポジションは基本的に保有していること自体がリスクとなるのですが、デイトレードではその日に発生する動きの流れだけをとって完結させてしまうので、リスクをかなりの部分制限できます。例えば、指標や要人発言等、大きく相場が変動する可能性が高い時間帯を取引を行わない、ポジションを持たない、といったことが行えます。

OCN光キャッシュバック | 光回線が最大6ヶ月無料のチャンス!

スイングトレード

スイングトレードは、数日から数週間トレードを保有取引スタイルです。デイトレードと比べてかなりのリスクがありますが、大きなトレンドの動きをとることができるため、デイトレードより取引自体は行いやすいです。リスクとなる部分としては、指標や要人発言といった相場の変動に耐えれるだけの資金が必要ということになります。。週をまたいだ場合は、土日は証券会社がお休みのため、ロスカット等の自動決済に頼ることはできないということもあります。仮に土日に急激な変動を起こってしまうと、運が悪いと借金を背負う可能性もあります。スイングトレードを行う場合は、小さな資金で運用していくことをおすすめします。

ポジショントレード

ポジショントレードは、月から年単位でポジションを保有することで、スイングトレードよりさらに小さな資金での運用が重要となります。ポジショントレードならではの利点としては、FXには税金が発生しますが、FXの税金は利確したときに発生するため、年末の含み損や含み益のポジションを決済することで税金の調整もできる点が特徴的です。テクニカル分析に加えて、政治や経済の動向を読むファンダメンタル分析も重要となってきます。

FXの相場分析方法は2種類

テクニカル分析

テクニカル分析とは、取引のルールのようなものです。トレーダーたちがテクニカル分析を学びそのルールに沿って取引することで、相場が合意し、実際に相場を動かして利益を得ることができます。代表的な例としてはトレンドですが、トレンド自体には何の意味もありません。トレンドにトレーダーが意味を見出し実際に取引を行うから、トレンドの形が発生しているのです。トレーダーが「儲けよう」と思って相場に投資しているからこの現象が起こっているのです。ルールを知らなければ取引というゲームには参加できないので、まずは、テクニカル分析を学ぶことをおすすめします。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析とは、各国の政治や経済を分析していくやり方で、テクニカル分析と比べかなり主観的な分析方法となります。使い方としては、経済指標の発表の時に、分析したデーターの元取引するというやり方があります。経済指標の時は実際に多くのトレーダーが参加し、一瞬で値動きが変動するため、一瞬で莫大な利益を得ることもできれば、膨大な損失が発生することもあります。扱うことが難しい分析方法のため、慣れないうちはテクニカル分析を行うほうが無難かもしれません。

FXの手法に関する注意点

ナンピンに頼らないこと

ナンピンとはFXの必勝法のように言われてますが、その実破滅への道でしかありません。ナンピンが成立するのは大きな資金を証券口座に持っており、小さな資金で取引していく状態が前提としてあります。それ以外のナンピンは成立せず必ず大きな損失を出すため注意してください。やり方としては、含み損になった時に、新しくポジションを追加することです。相場は直線的に動くわけではなく、上がれば必ず下がり、下がれば必ず上がるわけです。なので一方方向にポジションを持っていればそのうち反転するわけです。しかし、何が起こるか分からないのもFXの怖さですし、資金が尽きれば、強制ロスカットが起こるため単に損失が増えるだけの方法となります。

性病検査キットおすすめ比較 | 気になる価格・精度は!?おすすめキット比較

両建てはおすすめできない

両建てとは、買いと売りのポジションを同時に保有することです。一見、良い方法に思えます。これならば相場がどちらに動いても対応できるわけです。しかし、スプレッドの存在があります。スプレッド分必ず損をすることを忘れてはなりません。FXは未来予測のゲームです。自分がとる流れを予測しその通りに動いた場合のみ利益を得ることができます。だからこそ再現性があるわけです。両建てしてしまうと予測が曖昧になってしまってしまうため、おすすめできません。